読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


Google Pixel は防塵防滴(IP53)との噂!Nexusシリーズでの耐水仕様は2014年発表のNexus 6以来

f:id:miracy:20160922222701j:plain

10月4日に発表が噂されている米Googleの発表するスマートフォン「Google Pixel」は防塵防滴との噂が報じられました。これが本当であれば、2014年発表のモトローラ社製「Nexus 6」以来となります。

Androidpoliceにると信頼できる情報筋からの情報で、次期Nexusとされ、今回ブランド名を変えて発表されると噂される「Google Pixel / Pixel XL」はIP53相当の防塵防滴性を兼ね備えているそうです。

 

IP53について解説すると、これは「防水」というよりも「防滴」といえ、この規格は

鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)(Wikipedia)

という性能です。つまり、スマートフォンを縦に持った状態で上から降ってくる雨には耐水性がありますが、下方からの水、完全水没には対応出来ないということです。

 

ちなみに2014年発表のモトローラ社製「Nexus 6」についても「ウォータープルーフ」と言いながらも、このIP規格自体に対応していなかったという事実もあり防滴程度の性能でした。

 

つまり、この噂が本当であれば、Google Pixelは防水性を前面に押し出して販売しているAndroidのGalaxyやXperiaシリーズに比べれば、その防水性能はかなり心もとないものと言えます。ただ、一応IP53相当の防塵防滴性能を備えていますので、防滴がまったくないスマートフォンよりも「ちょっとマシ」ぐらいということになります。

f:id:miracy:20160922232252j:plain