miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


2017年発売次期iPhone8(?)は前面/背面にガラスを使用し、ステンレスフレームを採用か

f:id:miracy:20160930221717j:plain

iPhone 7 / 7 plus は世界的にあまり販売が振るわないようですが、はやくも2017年に発売が期待される次期iPhone 8(?)の予測についてKGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏がレポートを発表したことをAppleInsederが報じています。

 同氏によれば次期iPhoneは全面・背面にガラスを採用しステンレスフレームをで加工デザインを採用する見込みだとしています。

 

iPhone7 / 7plus 発売前予約のうち35%は、128GB以上の高価格モデルしか選べないにもかかわらず、「ジェットブラック」に集中している事実から、光沢のあるモデルを市場が求めていることが証明されました。その事実を受け、Appleは「ジェットブラック」よりも傷つきにくい「ガラス」を前面と背面に使用した次期iPhoneを発売するだろうと述べています。

 

同氏は、全てをガラスで覆うようなデザインについては耐久性の面なども含めて技術的ボトルネックがあることから、ステンレスのフレームを使用することで耐久性を高めながら、光沢のあるガラスとを使用したiPhoneが発売されるだろうと述べています。

ただし、このステンレスの使用については見栄えが良くなるもののその分コストがかさむため、ステンレスを使用したモデルについては限定されたモデルになるだろうとも述べています。

 

ちなみにひとつの事例としてAppleWatchはエントリーモデルにはアルミニウムを使用し、ミッドレンジモデルには光沢感がありより耐久性のあるステンレスを採用しています。

 

今年発売のiPhone7の「ジェットブラック」は通常モデルに比べ傷がつきやすく、Appleもこの事実を認めケースを使用することを勧めています。それを打開するのが「ガラス」というわけですね。ガラスはこの酸化被膜処理を施したアルミニウムの「ジェットブラック」モデルよりも傷つけへの耐久性等はかなりアップします。

f:id:miracy:20160918211342j:plain

ジェットブラックは傷つきやすい

※ちなみに「ジェットブラック」の傷つけテストについてはこちらを参照してみてください。

 

次期iPhoneについては上記のレポートに加え、ホームボタンやTouchIDを統合した、画面いっぱいのOLEDディスプレイの噂(ちょうどトップ画像のようなイメージです)や曲面ディスプレイ・無線充電など様々ですが、次期iPhoneがデザイン面でも性能面でも大きく進化を遂げることは間違いなさそうです。

f:id:miracy:20160930235335j:plain