読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


Google、新しいWi-Fiルーター「Google Wi-Fi」や音声アシスタント「Google Home」を発表

f:id:miracy:20161005220940j:plain

Googleは10月4日のイベントで新しいWi-Fiルーター「Google Wi-Fi」や家庭内音声アシスタント「Google Home」を発表しました。

Wi-Fiルーター「Google Wi-Fi」

www.youtube.com

非常にシンプルな「Wi-Fiルーター」です。家庭内のどこにでも置けそうなシンプルなデザイン。

f:id:miracy:20161005064411j:plain

特徴は複数台で家庭内に安定したWi-Fi環境を実現すること。

f:id:miracy:20161005064615j:plain

煩雑さを排除した非常にシンプルな製品。コントロールについてもスマートフォンから行うことができます。

f:id:miracy:20161005064633j:plain

 

家庭内音声アシスタント「Google Home」

続いて「Google Home」を紹介いたします。「Google Home」はGoogleアシスタントを搭載したスピーカー兼音声アシスタントです。これはGoogleの出した、AmazonEcho対抗品ともいえる製品。使用方法等は下記動画を参考にしながらご確認ください。

www.youtube.com

www.youtube.com

高性能なスピーカーを搭載し、音楽再生も可能。部屋のどこにいても「OK Google」で様々な質問や検索、天気や音楽再生などが行えます。今回の目玉である「Googleアシスタント」搭載で、文脈に沿った質問会頭なども可能です。たとえば、会社まで車で何分かかるのかを質問した後に、「自転車だと?」と問いかけると自転車での所要時間を答えてくれるという具合です。

f:id:miracy:20161005221124j:plain

下のスピーカーカバー部分はカラーバリエーションがあり、変更可能。

f:id:miracy:20161005220940j:plain

 

 

特に「Google Home」は家庭の中心になるデバイスですが、その機能をフルに生かすのに重要なのは操作される側が対応していなければならないことです。日本語版の製品ホームページには下記の通り記載があります。

Google Home は、Nest Thermostat、Philips Hue、Samsung SmartThings などのスマート ホーム テクノロジーにシームレスに接続。「OK Google、台所のライトを暗くして」と言うだけで操作でき、大切な作業を中断する必要がありません。Chromecast を接続したテレビにエンタメ作品をストリーミングすることも可能です。

スマートホームテクノロジーつまりはIoT(モノのインターネット)が重要なキーになってきます。現在日本の家電の多くはIoTに対応していません。上に記載のNest Thermostat、Philips Hue、Samsung SmartThingsのどれも家電量販店にはおいてないようなメーカーですよね。

もちろん単体であってもGoogle検索結果や道案内・天気などは教えてくれますが、その本質はやはりスマートホームの中心になってこそ発揮されます。今後IoT(モノのインターネット)はより身近になっていくでしょうから、今後の展開が楽しみです。

f:id:miracy:20161005231230j:plain