miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


サービス開始した「Apple Pay」はAndroidおサイフケータイに代わるのか?乗り換え時の注意点!

f:id:miracy:20161024223341j:plain

10月25日ついにApple Payが日本で本格的にサービスイン!iPhoneでsuicaを使って電車に乗ったり、コンビニでお買い物したりと、いままでのiPhoneではできなかったことが出来るようになりました。そんなiPhoneですが、もともと「おサイフケータイ」を使用していてこれを機にiPhoneに乗り換える方も少なからずいるはずです。

さて、「おサイフケータイ」と「ApplePay」の違いや乗換方法について知らいない方のために”ザックリ”ご紹介いたします。

 

 

そもそもApplePayって?

ApplePayはタッチでお金を払ったり、電車に乗車できる電子マネー機能です。要はAppleの提供するオサイフケータイと考えていただければOKです。何ができるのか?というと、ほとんどおサイフケータイとできることは変わりません。ただし、あサイフケータイ、ApplePayには出来ることできないこともあります。

さて、おサイフケータイから「ApplePay」に乗り換えるときに注意すべきことはどんなことでしょうか。

ちなみにApplePayが使えるのはiPhone7/7plusだけであるため、その点には注意が必要です。

 

AndroidおサイフケータイとApplePayの違いとは?

出来ることは同じようでも中身は少し違います。注意すべきはApplePayは「楽天Edy」「nanaco」「waon」といったチャージ式の電子マネーにほ対応していない点です。また、ApplePayを使用するのであれば基本的にクレジットカードが必要になります。

まず、Androidおサイフケータイはチャージ式の電子マネーに特化していると言えます。例でいえば楽天Edyやnanaco、waon、Suicaもそうです。チャージ式は日本市場で一般的なもので、まさに日本の為の「おサイフケータイ」機能だと言えます。

 

逆にApplePayはチャージの必要ない、クレジットカードと提携して使用するQuickpayやiDに特化しています。ですので、ApplePayで支払いをするなら基本的に対応するクレジットカードが必要です。Suicaでの支払いはOKですが、チャージはクレジットカードで行うことになります。

AndroidおサイフケータイでもQuickpayやiDを使用することも可能ですが、手続きが煩雑です。その点ApplePayは対応するクレジットカードの写真を撮るだけで簡単に手続きが完了しますので、そこはApplePayの強みだと言えます。

 

日本では現状のところチャージ式の電子マネーが多くをしめています。ApplePayはチャージ式の電子マネーでいえば「Suica」にのみ対応しており、現状それ以外には対応していません。つまり「楽天Edy」や「nanaco」などをおサイフケータイで多用しているユーザーにとってはApplePayにすることで支払いが可能な場所は少なくなります。

ただし、iDやQuickpayで支払えるお店もかなり多く、いつも楽天Edyで支払っているお店でiDが使用できるのであれば乗り換えてしまうのも一つの手です。

チャージ式ではないiDやQuickpayはいちいち残高を確認する手間が省けるためその点はストレスフリーです。大手コンビニもiDとQuickpayに対応していますので、乗り換えてもあまり不便は感じないかもしれません。自分の行動範囲のお店舗次第ですね。

 

また、Suica機能については細かい違いがあります。ApplePayには新幹線に乗ることが出来る「EX-IC」機能が使用できなかったり、クレジットカード以外からのチャージが出来なかったりしますので新幹線をおサイフケータイで乗っているのであれば不便になりそうです。ただ、ApplePayは複数枚のSuicaを登録出来たり、クラウドにカードを保存するのでセキュリティ性が高かったり、機種変更が簡単など一長一短といった感じです。

 

というわけで乗換手順

乗換についてはとっても簡単です。ただ、現在楽天Edyなどのチャージ式電子マネーを使用しているのであれば、ApplePayでは使用できませんので残金を使い切ってしまうのが良いです。おサイフケータイは乗換後でも使用可能ですので焦る必要はありませんが、機種変更時に下取り等に出すのであれば使い切ってしまいましょう。

また、上記チャージ式電子マネーがメインだった場合iDやQuickpayに対応したクレジットカードがないとApplePayは使用できませんので早めにカードを発行しておきましょう。すでに対応カードを持っているのであればOKです。対応クレジットカードはこちら。

f:id:miracy:20161027235242j:plain

 

Suicaの場合:ざっくりと公式動画で紹介してしまいます。Androidのモバイルsuicaアプリに登録しているメールアドレス・パスワードがあれば簡単に移行可能です。

www.youtube.com

楽天Edy・nanaco・waon:ApplePayに対応してませんのでAndroidおサイフケータイを今後使用されないのであれば、「残金を使い切ってしまう」というのが一番よさそうです。

iD・Quickpay:カードをApplePayに登録してしまえば、特に移行手続き等はありません。ApplePay登録後でもAndroidおサイフケータイで使用可能です。

 

今後どうなる?

ApplePayのFelica(日本の電子マネー規格)対応で一気にiDやQuickpay対応店舗が増えそうではあります。特に大手コンビニには対応しているため、その点は良いですね。ApplePayがどれだけ普及するのかわかりませんが、普及していけば現状の楽天Edyやnanacoなどは劣勢になってしまうかもしれませんね。ちなみに楽天Edyやnanaco、waonはApplePayへの対応は未定としています。

f:id:miracy:20161024225107j:plain

※ApplePay対応店舗

 

まとめ おサイフケータイ使用状況によるけどほとんどの場合ApplePayでも問題なし!

とりあえず、ApplePayは対応するクレジットカードが必要です。そして、いつも使用しているおサイフケータイで支払っているお店がQuickpayやiDに対応しているのかというのをまずは確認するのが良さそうです。Suicaについてはほとんど問題なさそうですが、新幹線で「EX-IC」を使用している方はApplePayでは使用できませんので気を付けてください。

対応店舗も今後どんどん増えていきそうですので、Androidのおサイフケータイから、これを機にiPhone7に乗り換えてしまってもあまり不便は感じないと思います。

 

AndroidからiPhone7の乗換で操作性などで戸惑うところもあるかもしれませんが、カメラ性能や処理性能・防水なんかはほとんどのAndroidスマホよりも優れていますので、その点は安心です。これを機にiPhone7に切り替えてみては?

 

(おまけ)ApplePayにするならどのカードが?

ApplePayは複数枚のクレジットカードを登録できるので、現在お持ちのクレジットカードが対応しているのであればとりあえず登録してみてはいかがでしょうか。登録方法はこんな感じ。

www.youtube.com

おすすめのクレジットカードについては、特にクレジットカードにこだわりがないなら、「楽天カード」でいいのではないでしょうか。100円で1ポイントたまるという驚異の還元率はとても魅力的です。新規加入で5000円相当のポイント付き。とりあえず申請してみては?ちなみに楽天カードでApplePayに登録するとQuickpayになります。

こちらリンクから、「楽天カード」のMastercard、JCBブランドを選択。ApplePayで使用するなら必ずVISA以外を選択です。

f:id:miracy:20161027230022j:plain