miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


テスラに続け!謎のEV自動車ベンチャー企業Faraday Future社の新型EV車の映像がYouTubeに!

f:id:miracy:20161029211400j:plain

Teslaに続けるのか?Faraday Future社とはアメリカシリコンバレーの新興EV自動車メーカーです。その全容が謎に包まれているFaraday Future社ですが、2017年にEV車を発表することが分かっています。そんなFF社の実写映像がYouTubeにアップロードされています。

 

Faraday Future社とは?

Faraday Future社はアメリカシリコンバレーに本社を置く、新興EV企業です。その全容は謎に包まれていますが、この企業に多額の出資しているのは中国版のNetflixともいわれる「LeTV」で成功した中国人、賈躍亭(Jia Yueting)氏だと噂されています。

FF社の創業は2014年。同社の幹部には、米Tesla Motors社でEV開発に携わってきた人材が多い。インターネット動画の配信サービス「LeTV」の成功で富豪となった、中国人の賈躍亭(Jia Yueting)氏が出資していることでも知られる。いわば“米中連合”といった様子だ。

引用元:謎のEVベンチャーが発進、Faraday Future社の正体が少し見えた、コンセプト車「FFZERO1」を世界初披露 - 日経トレンディネット

 

Jia Yueting氏は自動車製造に意欲的なようで、LeTVによって手に入れた資金でEV車を開発していることは確かなようです。

当時は、LeTVが「手頃価格の」インターネット接続スマート自動車を中国で作ろうとしていると考えられていた。北京拠点の同社は、以来数々の才能あるエンジニアをTeslaをはじめとする米国自動車会社から引き抜いた ― そしてLeTVは米国での自動車製造を準備しているらしい。

引用元:Teslaの謎めくライバル、Faraday Futureを支えるのは中国版NetflixのLeTV | TechCrunch Japan

 

そんなFaraday Future社ですが、2016年4月に「FFZERO1」というコンセプトモデルのムービーを公開しています。そのコンセプトはTesla社よりもスポーツカーに近いコンセプトになっています。

「FFZERO1」の4個のモーターから得られる最高出力は1000PSを超えるようで、停止時から60mph(約97km/h)に達するのに要する時間は3秒未満というスポーツカー顔負けの高性能です。また、その最高速度は322km/h以上に達するともしています。

www.youtube.com

 

また、開発中のプラットフォームについても解説されており、自動運転から多くの派生ラインナップまで考えて設計されているようです。

www.youtube.com

今回公開された映像はCGではない実写映像

さて、そんな謎に包まれたFF社ですが、実写の映像がYouTubeに公開されています。今回の映像でもスポーティーな印象はそのままですが、コンセプトモデルのような非実用的な一人乗りリモデルではなさそうです。

www.youtube.com

既に実車が出来上がっていることから、近いうちに発表が期待できそうです。FF社は2017年1月のCES 2017でこの車の全容を発表するとしています。Tesla社のような魅力的な自動車が完成すれば、面白いことになりそうですね。

f:id:miracy:20161030001931j:plain