miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


次期iPhone8(?)はシャープ製のカーブ有機ELを採用?シャープ重役が発言

f:id:miracy:20161101233132j:plain

次期iPhone8には有機ELが採用されることがまことしやかにささやかれていますが、そんなiPhoneに搭載される有機ELについて、iPhoneの組み立てを行っている鴻海(Foxconn Technology)の重役とシャープの重役を兼務する人物が「カーブ有機EL」が採用されることを発言しています。

iPhone8に搭載されると噂されるカーブ有機ELについて発言しているのは、iPhoneの組み立てを行っている鴻海(Foxconn Technology)の重役とシャープの重役を兼務する人物であるJeng-wu氏です。Gizmodoによれば、

Jeng-wu氏は台湾の大同大学にて、「iPhoneの進化は続いており、LTPS(低温ポリシリコン:液晶の一種)から有機ELへと移行するだろう。この決断が市場に受け入れられるかはわからないが、そうしなければイノベーションは起こせない。これは重大な決断になるだろうが、Apple(アップル)にとっては好機でもあるね」と語っています。

 引用元:

iPhone 8にカーブ有機ELディスプレイがやってくる? シャープ関係者がポロリ|ギズモード・ジャパン

 

有機ELはそれ自体が発光するため、黒を表現する際に発光を止めることで本当の黒を再現できることから、バックライトが必要な従来の液晶に比べ、高いコントラストを実現できます。また、自由に折り曲げることが可能な設計にもできるためGalaxyEdgeのように画面に沿って曲げられるようなデザインにすることが可能です。

一方で、画面の焼き付きや太陽光下での視認性の悪さにも問題があることも指摘されていますが、シャープがこのデメリットを改善した有機ELの生産が出来るのか気になるところです。

 

次期iPhoneは全面液晶になるという噂もあり、もし有機ELが採用されるのであればそれも可能になりそうです。

2017年に発表が噂されているiPhone8はiPhone発売から10年目のアニバーサリーモデルとなり、iPhone6から採用されてきたデザインから大きくデザインを変えることが考えられます。そのデザインについては各所から様々な情報が上がってきていますが、今のところ予測の域をでていません。

 

ちなみにそんな次期iPhone8のコンセプト映像もありますので合わせてご確認ください。

www.miracy.net