読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


未来のカメラはレンズがない?日立がレンズレスカメラの技術を開発

f:id:miracy:20161115213907j:plain

レンズのないカメラって想像がつきませんね 日立製作所は同心円パターンのフィルムと画像センサーを組み合わせることで、レンズレスのカメラ技術を開発したと発表しました。

技術のカギは特殊パターンのフィルム

日立製作所によればこのカメラは同心円パターンを印刷したフィルムと画像センサーの組み合わせでレンズが不要になるとのことです。詳しい仕組みは日立製作所のホームページを引用します。

  外側ほど間隔が狭くなる同心円パターンのフィルムを画像センサーの直前に置き、入射する光線が作る影に、画像処理内で同じ同心円パターンを重ね合わせると、光線の入射角に対応した間隔のモアレ縞が生じることに着目しました。このモアレ縞を利用し、フーリエ変換と呼ばれる広く普及した簡単な画像処理で撮影画像を得ることができる技術を確立しました

引用元:ニュースリリース:2016年11月15日:日立

f:id:miracy:20161115214123j:plain

特殊な模様を通して画像センサーに光を読み込ませ、模様を通した取得画像に画像処理を施すことで、撮影画像を取得する方法・・・ということです。

 

スマートフォンの薄型化にも貢献

この技術はパターンを印刷したフィルムと画像センサーの組み合わせであるため、レンズが不要になり、カメラの薄型軽量化を実現します。そのため、日立はモバイル機器やロボットなどのデザインを損ねることなく、より自由な位置にカメラを設置することも可能だとしています。

 

後からピントを合わせられる

また、この技術では後からピント調整も可能です。光がフィルムを通じて画像センサー上に作る影に重ねる同心円パターンの倍率を変えることにより、ピント位置を移動させることができるとのことで、撮影後に倍率の異なる同心円パターンを重ね合わせて画像処理を行うことで、自由にピントを調整することが可能とのことです。

後からピントを合わせられるカメラでいうと「Lytro」が有名ですが、それとはまた違った技術を採用しています。動画撮影にも使用可能とのことで、技術が確立すれば映画撮影など幅広いシーンで活用が期待できる技術ですね。

 

レンズがないことでカメラの大幅なコストダウンにも期待

一眼レフカメラなどの「レンズ」というのはピンキリではありますが高いものでは100万円以上するものもあります。この日立の技術はレンズを必要としないためカメラの大幅なコストダウンにも期待が出来ます。この特殊なフィルターの価格もレンズよりも大幅に安いため、スマートフォンのカメラなどについても大幅に薄く安く製造可能なようです。

 

というわけでかなり画期的な技術を日立は開発しました。

日立は2年後の実用化を目指しているようですが、はやく実用化されると良いですね。

f:id:miracy:20161115225106j:plain