読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


iPhone8に搭載されると噂のOLEDは2017年の供給に間に合わない?

f:id:miracy:20161101233132j:plain

次期iPhone8に搭載されるディスプレはOLEDなのか・・・それともLCDなのか。

 MacRumoresによれば、AppleのOLEDサプライヤーは2017年までにiPhoneの需要に見合った生産差が出来ないと報じています。

www.macrumors.com

 

Bloombergの最新の報告によると、アップルの4つの主要なOLEDサプライヤーは2017年のiPhoneの需要に見合った生産ができず、2018年まで供給制限がかかることが予想されるようです。OLEDディスプレイ(有機EL)はLCDディスプレイ(液晶)よりも大量生産が難しいという事実があるため、供給制限によって、次世代iPhone8の1バージョンにのみ、OLEDの使用を制限する可能性が指摘されています。


AppleとSamsungはOLEDの独占契約を結んでいるとされていますが、それは同社がAppleの需要を満たせることを保証するものではありません。それはSamsungのOLEDの供給は既にGalaxy S7とS7 edgeのような自社のスマートフォンにも採用されいるためです。

 

2017年秋のiPhone8発売までにSamsungが供給制限するとなると、Appleは他の頼るべき主要なサプライヤーがいないかもしれません。これが、Appleが複数サプライヤーを通常は持っている理由で、例えば、LCDディスプレイは複数のアジア系ディスプレイメーカーから調達しています。

 

しかしながら以前シャープが2017年のiPhone向けOLED供給に向けて投資を行っているという報道もありましたがそこまで多い供給には至らないということでしょうか。

近頃はiPhoneがOLEDを採用するモデルを1つのみにするという噂も多いため、この報道は大きく外れてはいなさそうです。

OLEDはその鮮やかさやコントラスト比が優れる一方で、太陽光下での視認性の悪さや画面焦げ付きなどのデメリットもあるため、iPhone8でそれがどこまで改善されているのかも気になるところですね。