miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


ニューラルネットワークを採用したGoogle翻訳AIが驚くべきものを生成!その驚くべき進化とは

f:id:miracy:20161123235455j:plain

Google翻訳がより自然な翻訳が出来るようにバージョンアップしたことは記憶に新しいですが、そのGoogle翻訳にAI独自の言語」が存在しているのではないかとGoogleは推察しています。

 

 「ゼロショット翻訳」が成功

今回の事実は、Google Research Blogに掲載されています。

research.googleblog.com


Google翻訳は「英語→日本語」、「日本語→英語」という英語を介しての翻訳システムです。例えば、日本語を韓国語に翻訳したい場合、日本語の単語が韓国語のどの単語に当たるのかプログラミングされていないため、「日本語→英語」「英語→韓国語」というステップを踏まねばなりません。

 

しかし、今回のバージョンアップに伴いGoogle翻訳の作成者たちが「日本語→韓国語」の英語を介さない翻訳である、いわゆる「ゼロショット翻訳」を試したところ、そこそこ意味の分かる翻訳文を作り出すことに成功したというのです。

f:id:miracy:20161123224618g:plain

Google Research Blogの「ゼロショット翻訳」の画像。

青色が通常翻訳。オレンジ色が「ゼロショット翻訳」を意味しています。

 

Google翻訳AIの中に「AI独自の言語」が存在している可能性

その事実が示すところは、Google翻訳のAI内に中間言語が存在するのではないか、ということです。

つまり、Google翻訳AIの中には「AI独自の言語」が存在していて、翻訳したい単語に該当する意味を持つ単語を、各言語から選択して翻訳していると考えられるのです。例えば、「私」を韓国語の「私」に翻訳したい場合、「AI独自の言語」の中で「私」と意味づけられている各言語の単語の中から韓国語の単語を引っ張ってくる、といった具合です。

 

f:id:miracy:20161123230052p:plain

Google Research Blogの「AI独自の言語」のイメージ画像。

 

驚くべきはこの「AI独自の言語」がプログラミングされてできたものではなく、Google翻訳のニューラルネットワークが自己形成したという事実です。

ニューラルネットワークを採用したGoogle翻訳は翻訳すればするほど精度が上がっていくとされており、こういったAIの自己学習によって驚くべき進化を遂げる可能性を秘めています。

このニューラルネットワークを使用したAIはGoogleに限らず世界中で研究されています。AIが進化を続ければ、近いうちに本当にAIが人間を上回る日が来るかもしれません。