読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


Google Pixel 販売好調 年内に300万台

f:id:miracy:20161130225304j:plain

Google初の完全自社製スマートフォンとして発売したPixelの販売が好調のようです。Morgan Stanleyによれば、年内にも300万台を売り上げる見込みとなっています。発売の時点で計300~400万台の販売が見込まれていましたが、早々にその予測を達成することになります。

 

9to5google.com


Galaxy Note 7の発火事故やiPhone 7 Plusの品薄状態もPixelの販売を後押ししていると見られ、2017年の販売台数は500~600万台に達するとの予測もあります。

Pixelの利益率は22~24%とiPhone7の41%と比べると見劣りしますが、販売が増加し、ユーザーが増えることでGoogleの広告ビジネスにも良い影響がでるため、単純な端末の利益率だけでは測れない収益がGoogleにもたらされることになります。

その点を除いても、初の自社製スマートフォンが成功を収めることは、Googleにとって成功への大きな一歩と言えるでしょう。

 

Google Pixel については日本発売のアナウンスがないのが現状ですが、米国の通信キャリアVerizonについても128GBモデルの発送を12月下旬にするなど、Pixelの一部モデルにおいては品薄が続いていおり、その好調がうかがえます。

 

発売当初は高価で売れないと揶揄されていましたが、この好調はPixelの性能やデザインが評価されているということでしょう。

日本での発売が待ち遠しいですね。