読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


【12/13更新】Android Pay 日本上陸間近?SuicaやEdyをサポートか APK解析により判明

f:id:miracy:20161211233534j:plain

AndroidPayがついに日本上陸か!AndroidPayと三菱UFJフィナンシャルグループの提携が発表されたのは今年8月末の事で、その後なんの続報もなかったAndroidPayですが、そのリリースが間近に迫っているかもしれません。AndroidpoliceによるAPKの解析でAndroidPayが日本の電子マネーに対応するとの記述が見つかりました。

12月13日更新 正式にAndroidPayが日本で提供開始されました。

 

AndroidPayとは

「AndroidPay」とはGoogleが2015年9月に開始した、スマートフォン向けモバイル決済サービスです。基本的にはクレジットカード(対応しているのはVisa、MasterCard、American Express、Discover)をスマートフォンに登録することで使用可能になり、NFC(近距離無線通信)を使用して、専用の読み取り機にかざすだけで決済が完了するというものです。

いわゆる「おサイフケータイ」のグローバルAndroid版といったところです。

日本では「おサイフケータイ」という形で、既に日本で発売されているAndroidスマートフォンの多くには電子マネー機能が搭載されていますが、AndroidPayはインターネット上でも決済が可能であったり、クレジットカードが手元にあればすぐに登録とモバイル決済がすぐに使用可能になるといった特徴があります。この点はApplePayと同じようなものと考えていただいて差し支えないかと思います。

 

AndroidPayのAPKファイルの中に「楽天Edy」に関する記述が

 

www.androidpolice.com

 

そんな「AndroidPay」は日本ではまだサービスインしていないのですが、Androidpoliceの記事によれば、AndroidPayのモバイルアプリ最新版であるV1.12のアプリケーションファイルの解析を行ったところ日本の電子マネーに関する記述が見つかったとしています。

AndroidPayはアジアでは初めてシンガポールで6月にサービスインし、その後日本で三菱UFJフィナンシャルグループとの提携が8月に発表されましたが、それっきり特に音沙汰もありませんでした。さらに、10月にはApplePayが日本での対応を発表し、電子マネー界隈の話題はほぼApplePayが独占といったような状況でした。

さて、そんな折ついに日本でのAndroidPay対応が間近ではないかという情報です。

 

AndroidpoliceのAndroidPayのAPK解析で、楽天Edyに関する記述が見つかっています。その一例が以下。

<string name="add_edy_card_title">Create Edy card</string>

<文字列名= "legal_notice_message_line1"> ●所定のコンビニエンスストアのレジなどでチャージできます。 </文字列>
<文字列名= "legal_notice_message_line3"> ●チャージ(入金)上限金額は50,000円です。 </文字列> 

<文字列名= "edy_message_title"> Earn Rakuten Super Points!</文字列>

 

 

 

英語であったり日本語であったりしていますが、チャージに関する記述はかなり具体性がありますし、楽天スーパーポイントの記述もあります。

さらにAPK解析によってSuicaやICOCAといった交通系電子マネーへのチャージについても登録可能なことがわかっています。これらの記述から推測するに、AndroidPayが日本導入間近であることは間違いなさそうです。

電子マネーを使用するなら「AndroidPay」であっても「おサイフケータイ」端末でのみ動作か

f:id:miracy:20161211233745j:plain

APK解析結果では上記のEdyの記述とは他に、モバイル決済で使用するNFC(近距離無線通信)についての記述も確認できています。

日本独自の電子マネー規格であるFaliCa(日本のおサイフケータイは全てFelicaというシステムを採用しています)を搭載したスマートフォンは、アカウントのデータを保護するために「セキュアエレメント」とよばれるセキュリティチップを搭載しており、それがない端末では動作できないようになっています。

NFCにて決済を行う国際的な電子マネーは「セキュアエレメント」を使用しない、HCE(Host-based Card Emulation)という仕組みを使用しているため基本的にセキュリティチップは必要ないのですが、今回AndroidPayではこの「セキュアエレメント」について、このHCEを無効にしてFelicaの「セキュアエレメント」と通信する仕組みを導入しているという記述が見つかっています。

 

「セキュアエレメント」については「HCE-F」という仕組みの導入も

 

この「セキュアエレメント」ことセキュリティチップが必要であることが、海外端末が日本の電子マネーに対応できない大きな要因です。上記のように「セキュアエレメント」と通信させる仕組みがあるということは、AndroidPayが日本に上陸したとしても「セキュアエレメント」を搭載した日本向けに発売されるいわゆる「おサイフケータイ」でないと日本で電子マネーを使用できない可能性が高いということです。

 

ただ、海外のNFC通信におけるHFCと呼ばれる仕組みのFelica版である「HCE-Fと呼ばれる規格が、先日リリースしたAndroid7.0から搭載されています(※)。これは「セキュアエレメント」ことセキュリティチップを介さずにプロセッサーを使ってFeliCaに対応させることが可能な仕組みです。上記のような記述はありますが、近い将来「セキュアエレメント」が搭載されていない(Google Pixelなどの)SIMフリー端末等でもSuicaやEdyといった日本の電子マネーが使用できるようになるかもしれません。

(※)出典:第772回:HCE-Fとは - ケータイ Watch

 

 

APKファイルの解析は不完全な情報に基づいているため、仮にこのような記述があったとしてもサービスとして開始されない可能性はあります。正式リリースが発表されるまではそれは「噂」程度の憶測につきませんのであしからず。

 

何はともあれ、AndroidPayが日本上陸とは嬉しいニュースです。Google Pixelが日本で発売されることもほぼ確実となりましたし、iPhone7・ApplePay対抗のPixel・AndroidPayコンビでぜひ日本市場でも早くリリースしてほしいところです。また、せっかくAndroid 7.0では「HCE-F」という仕組みに対応したのですから、AndroidPayではこの「HCE-F」を使用して、おサイフケータイではない端末でも電子マネーが使用できるようにしてくれると嬉しいですね。

 

※2016年12月11日更新:AndroidPayについての説明追加と誤字を一部訂正しています。

 

12月13日更新 日本でAndroidPayが提供開始されました。

www.youtube.com

本日12月13日、Googleは正式にAndroidPayの日本での提供開始をアナウンスいたしました。ただし、まずは楽天Edyのみ対応といった形。今後Suicaやなど交通系ICとも連携していく模様です。

残念ながら上記で記載した「HCE-F」へは未対応のようで、電子マネー決済はおサイフケータイ搭載機種のみの使用に限られます。また、クレジットカードの登録についても日本国内においては未対応というのが現状です。

「HCE-F」という仕組みがあるので、クレジットカードを登録してQuickPayやIDによる支払いが今後技術的には可能になるはずです。はやくHCE-Fを採用した決済に対応してほしいですね。