読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miracy(ミラシー)

ようこそmiracy.netへ。iPhoneをはじめとしたガジェットからアプリ、VR、自動運転に至るまで未来の技術を紹介いたします。


次期Xperia 5機種が2月のMWC2017で発表?Snapdragon835・6GBメモリ・4Kのモンスタースペックも

 

f:id:miracy:20170118220348j:plain

5機種も一気に!? 世界最大級のモバイルテクノロジーショーであるMWC2017でソニーはXperiaの新機種5種類を発売する可能性があると、PhoneArenaが報じています。実現するのであればMWC2017で多くの注目を集めることになりそうです。

 

リークされた情報によれば、新機種は5種類あるようでSnapdragon835・6GBメモリ・4Kディスプレイのモンスタースペックからミドルレンジまで幅広いラインナップの発表になるとしています。下記にリークされた5機種の情報を記載していきます。

 

 

Sony Yoshino

ヨシノというとソメイヨシノを彷彿とさせますがそこから命名されているのでしょうか。ヨシノは5機種の中で最も高性能なモデルとなりそうです。4Kディスプレイ搭載・ハイスペックということで、Xperia Z5 Premiumの後継機的なポジションになりそうです。下記の通りモンスタースペックとなっており、新型カメラセンサーのIMX400が非常に気になりますね。

  • 画面サイズ:5.5インチ
  • 解像度:4K(3840 x 2160ピクセル)
  • システムチップ:Snapdragon835
  • メモリ:4GBまたは6GBのLPDRR4 RAM
  • カメラセンサー:IMX400

 

Sony BlancBright

Blancはフランス語で「白い」という意味で、Brightは英語で「輝き」「明るさ」といった意味ですが、白い輝きといったような意味でしょうか。前記のYoshinoとは違った方向性のコードネームというのが気になります。こちらも5.5インチですがQuad HDという解像度になっています。XZの後継機といったところでしょうか。

  • 画面サイズ:5.5インチ
  • 解像度:Quad HD(2560×1440ピクセル)
  • システムチップ:Snapdragon 835またはSnapdragon 653
  • メモリ:4GB
  • カメラセンサー:IMX400

 

Sony Keyaki 

f:id:miracy:20170118220238j:plain

ケヤキと呼ばれるモデル。こちらは5.2インチでFull HDのミッドレンジというったところでしょう。こちらについては以前にも記事にしていますが、Xperia XAの後継と思われるモデルで、レンダリング画像もリークされています。かなり薄いベゼルが特徴的ですが、上記のフラグシップも同じようなデザインになる可能性が高そうです。

www.miracy.net

  • 画面サイズ:5.2インチ
  • 解像度:Full HD(1920×1080ピクセル)
  • システムチップ:MediaTek Helio P20
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB
  • カメラ:23MPのメインカメラと16MPフロントカメラ

 

Sony Hinoki

5.2インチよりもさらに小さい5インチのモデルです。モデル名はヒノキ。解像度はHDと全体的なスペックも控えめなローエンドモデルと予測できます。

  • 画面サイズ:5インチ
  • 解像度:HD(1280×720ピクセル)
  • システムチップ:MediaTek Helio P20
  • メモリ:3GB
  • ストレージ:32GB
  • カメラ:16MPのメインカメラと8MPフロントカメラ

 

Sony Mineo

ラテン語で「突出する」という意味もあるようですが、日本だとau系MVNOのMineoが思い浮かびますね。何か関連性があるのか。このモデルについては350ドルという価格のみがリークされています。価格からすると廉価版モデルですね。

 

 

まとめ

今回のリークではすべてのモデルにおいて解像度が異なっており、しっかりとした差別化が図られています。リークされたコードネームは「木」を連想させるものが多いですが、BlancBrightやMineoにも木にリンクするコードネームがあるのかもしれません。

 

スペックを見る限りでは魅力的ですが、今まで通りの高価格路線にするのであれば、なにか差別化が必要になるはずです。中国を中心としたスマートフォンメーカーは同等のスペックでXperiaよりもかなり安価な価格設定の端末を次々と発表しています。差別化につながるのが「デザイン」なのか新しいカメラセンサー「IMX400」なのか、はたまた新たなソニーらしい魅力を示してくれるのか非常に楽しみです。

CES 2017で発表されたソニーの有機ELテレビBRAVIA A1Eシリーズは画面から直接音が出力される、「アコースティックサーフェス」というディスプレイを搭載しています。それがスマートフォンに移植されても面白いかもしれませんね。

 

MWC2017は1か月後の現地時間の2月27日から開催されます。今後のソニーの発表が非常に楽しみです。